テレビのあり方とは何なのか

テレビは、私たちの暮らしの中で、色々な役割を果たしてくれています。今では、なくてはならない存在です。

テレビのあり方とは何なのか

テレビと私たちの暮らしに」ついて

テレビは、毎日の暮らしに、無くてはならないものなのに、今まで、テレビについて深く考えたことがありませんでした。改めて、考えてみると、まず、朝起きて一番にすることは、テレビをつけることです。テレビを付けて、その日の天気予報を見ます。それからニュースを見たり、その他の情報番組を見たりします。情報などを得ることだけでは、ありません。時間も時計を見るより、テレビで確認することが多くなりました。その他、料理番組などで、その日の料理の参考にしたりもします。その他にパソコンと?いで大きな画面で色々の画像を見たりします。そして、それらの情報は自分で選んで見ることが出来るのです。

その他に、地震等の時には、まず何より先にテレビをつけます。テレビでは、すぐに、震源地や震度などの情報を流してくれます。東日本大震災くらいの規模の地震になると、停電になるので、さすがのテレビも見ることは出来ません。東日本大震災の時には、三日間も停電したから、三日間、テレビを見ることは、出来ませんでしたが、自家発電をしている人は、あの津波の生々しい映像も見られたのだそうです。その他にも、テレビは、大きな画面で、いながらにして世界中の色々な風景なども楽しむことが出来ます。今やテレビは、私たちの生活に無くてはならないものになってしまいました。

Copyright (C)2018テレビのあり方とは何なのか.All rights reserved.