テレビのあり方とは何なのか

パソコンをする時間が増えてテレビを見る時間が減っている人が増えていますが、テレビの良さを紹介。

テレビのあり方とは何なのか

テレビを見る時間とパソコンをする時間

テレビを見る時間とパソコンをする時間どちらが長いかというと、多くの人はパソコンと答えるのではないでしょうか?それは視聴率にもあらわれています。昔はドラマで視聴率20%を超えるドラマもたくさんありましたが、最近は15%以上とれば高視聴率だと言われています。それぐらいドラマを見る人が減ってしまったのです。

確かにパソコンは便利です。動画を見たり、DVDを見たり、音楽やラジオを聴いたり、電子書籍を読んだり、SNSで友達とコミュニケーションをとる事も出来ます。しかしパソコンの場合は自分の興味のある分野に特化して情報に偏りが出てしまう事があります。

例えば情報番組なら今の流行に合わせてトレンドを配信しますが、ネットなら自分が興味がある情報しか選別されません。そうすると興味のない事を全く知らないままになってしまう恐れがあります。興味がない事なんて知らなくてもと思うかもしれませんが、自分の興味の幅を広げる事はその後の人生で役立つ事がたくさんあるはずです。それにネットはまだテレビの編集能力にはかなわない部分があります。自分で編集する能力があればいいですが難しいので、パソコンVSテレビと区別する必要はなくバランスよく情報収集に役立てていきたいですね。

比べてお得!

Copyright (C)2018テレビのあり方とは何なのか.All rights reserved.