テレビのあり方とは何なのか

テレビの強敵はインターネットでしたが。情報と通信の融合は技術的に可能でもまだ時間がかかりそうかも。

テレビのあり方とは何なのか

テレビの強敵はインターネットでしたが。

テレビの強敵はインターネットでしたが。情報と通信の融合は技術的に可能でもまだ時間がかかりそうかも。アナログ放送から地上デジタル放送に移行し、衛星放送はすいぶん以前から存在していたテレビですが、一度ビッグバン状態になった業界は再編などで四苦八苦したものです。実はテレビ業界ではなくあらゆる業界がビッグバン状態であり、決して経済だけの問題ではなかったことは記憶に新しいものです。日本のテレビは「お茶の間」感覚で、各家庭に入り込みましたが、強敵はインターネット通信になりました。だから放送と通信の融合を整備した時期はありました。しかし完全に融合できない事情が書く業界にあるようです。

テレビはスポンサー企業が気にする「視聴率」がバロメーターになる場合は多いです。人気と視聴率が獲得できなかったら、番組自体の存亡の危機になり商業的過ぎる考え方と言う批判も浴びせられます。しかしインターネットは、通信主体で(動画もよくありますが)、融合というよりテレビ局がインターネットに進出しているから、ツイッターなどの情報が生放送でも寄せられる実情でしょう。ネットのバロメーターはアクセス数しか検知できないのでは。広告料はネットページのほうがはるかにコストダウンができます。昭和時代の三種の神器(経済成長時代の言い訳で、もちろん古代の神事とは関係ない)の一つがテレビでした。家族団欒のための放送技術という歴史に疑いを挟む余地はないでしょうが。

比べてお得!

Copyright (C)2018テレビのあり方とは何なのか.All rights reserved.