テレビのあり方とは何なのか

現代はインターネット、スマートフォンの拡大でテレビの存在が薄れています。けどメディアとしての優位性は健在です。

テレビのあり方とは何なのか

テレビは今でもメディアの中心

私は40代ですが、昔は今ほど娯楽はなく、食後の一家団欒はテレビでした。みんなで同じ番組を見ていたものです昔は今から思えばおおらかな時代だったので、子供が見ている時間帯でもエッチなシーンがあり、子供ながらに気まずい思いをした記憶があります。あの頃のテレビ番組を考えると、今の番組はかなり優等生的なものが増えたと思います。現代はインターネットという大きなツール、メディアが誕生してしまいました。情報の発信、受信が新聞やテレビだけではなくなったのです。そしてスマートフォンの誕生で、ますますメディアとして、娯楽としてのテレビの存在が薄れてきました。

ただ、です。テレビが消え去るわけではありません。私は仕事でパソコンを使用するので、必ずインターネットを見ます。しかし休日は全く見ない、使用しない時もあります。しかしテレビは違います。テレビを全く見ない日はありません。それだけ、インターネットに対して、テレビというのは扱い方が簡単で、かつ真剣に見なくても、ながら見できます。そう考えると、やはりテレビというメディアが持つ優位性というのは、まだまだ顕在だと思います。テレビ番組の面白さという面では別ですが、テレビというメディアが持つ優位性はこれかも続くと思います。

Copyright (C)2018テレビのあり方とは何なのか.All rights reserved.