テレビのあり方とは何なのか

毎日、毎週楽しみなテレビがあります。しかし、同じ時間にいることは難しいです。そんなテレビ事情について

テレビのあり方とは何なのか

毎週楽しみなドラマをテレビで楽しんでいます。

テレビに地上デジタルに切り替わり早数年が経ちました。最近は、若者のテレビ離れも話題になるほどに、テレビ番組の視聴率は低迷する一方です。そもそもいまの放送されているテレビは、大半が事前に撮影されているものがおおく、生放送については、少なくなっています。それは、視聴側でもいえることです。観たいテレビ番組があっても録画しておいて、後日ゆっくり観たりしています。最近では、リアルタイムで観るのは、大晦日くらいだと思います。流石に大晦日にはやることもないので、家族と一緒にこたつで、テレビを観るのが習慣になっています。

地上デジタルになってからは、テレビ自体の画質、音質ともにアナログに比べてはるかに良くなっています。先日DVDレコーダーを購入した際にテレビとの配線で、悩みましたが、つなぎ方によっては、アナログ程度の画質になってしまい、せっかくなのでデジタルの画質で楽しめるようにコードを購入しました。地上デジタルになってからは、テレビの番組表が自動取得され事前に番組予定がわかるので、事前に予約することができるようになり、大変助かっています。一昔前だと、自分で新聞片手に予約をしたりしましたが、よく野球中継などが延長され、時間修正を忘れて見たかったものがきちんと撮れていないなんてこともありましたが、デジタル化されてからは、そういう心配もなく快適に使用できています。

Copyright (C)2017テレビのあり方とは何なのか.All rights reserved.