テレビのあり方とは何なのか

私は40代だが、子供の頃のテレビは全盛期だった気がします。時代の流れで昔ほどの面白みが無くなってきました。

テレビのあり方とは何なのか

昔と今のテレビ番組の変化

私は40代ですので、私が子供のころは、今から思えば、テレビの全盛期だったと思います。何かハチャメチャだったが面白かった、という記憶があります。それは時代に関係していたとも思います。私の子供のころは世間がおおらかだったと思います。それだけ世の中の懐が深かったのかもしれません。最近では、何気ない言葉も差別用語になりかねませんし、誰も完璧な人間などいないはずなのに、完璧を求め失敗を許さない風潮があります。いわば窮屈な時代と言えるのかもしれません。

たとえは悪いですが、昔の番組はハチャメチャ感、そんなことしていいのか?的なハラハラ感があり、それがテレビ番組の面白さでもありました。それが現代ではあまり見られなくなくなりました。辛口芸能人という人たちがいますが、それを笑いに変えられるのは一握りです。とはいっても、それが時代なのかもしれません。これだけ個人の趣向が多様化してしまっては、番組を制作する方も大変でしょう。面白さを追求すればニッチな話題になってしまいますし、万人うけしようとすれば、どうしても標準的な話題になってしまいます。そしてそもそも昔ほどテレビを見なくなってしまいました。これも時代の流れでしょうか?

Copyright (C)2017テレビのあり方とは何なのか.All rights reserved.