テレビのあり方とは何なのか

昭和の頃のテレビと平成のテレビでは随分違います。時代の流れと共に何が変ったのか、あり方とは。

テレビのあり方とは何なのか

テレビのあり方とは何なのか

テレビとは不思議なものだと感じるのですがテレビを見るようになってどれくらいが経つのでしょうか。昭和初期のテレビ時代にはどういったことが描かれていたのか知ることもできませんが昭和も半ばと終わりにはテレビの全盛期だったのではないかと存じます。テレビから生まれた言葉は数あれど老若男女を問わず釘付けになったのは間違いの無い話です。とは言っても未だにテレビの人気度はあるかと存じますが昭和の頃に生まれた今も引き継がれている象徴するものはあり、それは芸のあり方や笑いのあり方など平成に入ってから少し変化したかもしれませんが引き継がれていると感じます。

ですが昭和に比べるとやはり引き継ぎきれないところが見受けられ、それは経済的なことや視聴率や批判などが挙げられます。以前では過激に使用されていたシーンでも予算の関係から描写が貧弱になり批判を恐れて笑いにストップが掛けられたりしています。ですが逆に考えればそれでいいのかもしれません。人は影響を受け易いですから抑えたことをしてテレビを楽しむこと、時代の流れと共にそれはひょっとして丁度合った時期でテレビも今のあり方がいいのかもしれません。決して過激や大げさなことが楽しい訳ではないのですから。

比べてお得!

Copyright (C)2018テレビのあり方とは何なのか.All rights reserved.